アルケミストを読んでの感想

読書感想
学生の頃から読書感想文というものは苦手だったし、まともに書いた記憶などないのだけれども、最近読んだ『アルケミスト 夢を旅した少年』という小説がとてつもなく良かったので、読んでから思ったことを書き連ねていこうと思います。

 

というか私の拙い感想を読むくらいならば、本を読んだ方が早い。

 

少年と王様の対話

この小説の中には様々な素敵な言葉が出てくるのですが、その中でも一番私の心に刺さったのは少年・サンチャゴとセイラムの王様との対話の場面での
人は、自分の夢みていることをいつでも実行できることに、あの男は気がついていないのだよ
という台詞です。

 

この文を見た瞬間、ハッとした。

 

なぜなら私も今はまだ早いだの、忙しいだの、お金がないだのいろいろと理由をつけて、やりたいことに蓋をして、夢を実現するまで、機が熟すのを待っていたのです。
けれど、実現はできなくても、それを実行することは可能だ、ということを諭されたようで、ついついハッとしてしまいました。

 

また「運命とは人がやり遂げたいと思ったこと
という王様の言葉にもなるほど、と思いました。

 

お金がないことに関しては少年も一年間働いてある程度の資金を貯めていたので、私も当分はお金をためつつ、本当にしたいと思うこと、つまり私にとっての運命は何かを見極めながらそれに向かって動く=実行をしようと思いました。

 

少年と老人の対比

少年の
「あなたは旅をする夢を持ったことがないのですね」
という問いに対して、
夢を実現してしまった後にこれから生きていく理由がなくなってしまうんじゃないかと怖い
という老人。

 

夢を実現しようとしている少年と夢を見ている心地よさに浸かる老人の対比の描写がすばらしい。

 

変化を望み前に進みたい人、変化を厭いその場に留まっていたい人。
それぞれが自分の望む運命にそっていこうとしているのだから、互いに強要せずに尊重しあえればいいなと思いました。
実生活でも他人の生活に口出しするくらいなら自分にフォーカスした方が断然良いだろうな。
 

少年と心

いろいろな人との出会いの中で、ついに少年は心と対話を始めました。
心との対話の部分を読んで、

 

心の声を聞き続けないと、心と対話し続けないと、心は拗ねて口を閉ざしてしまう
というメッセージがあるのかな、と解釈しました。

 

錬金術

 

アルケミスト、錬金術師はある物質をある物質に変えようとする人たちで、タイトルにもなっているくらいだからこの物語のキーパーソンではないかと思います。

 

作中では前兆に気を付けろといったことがよく示されていましたが、これは人生全体をみると、何かの出来事が起こる前には必ず何か予兆があるはずだということでしょう。

 

物語の結末はここでは言いませんが、
あぁこれぞ万物は巡る、ということなのだな
というのが読み終わった後の第一の感想でした。
 
そして
前兆に気をつけよ、全ては繋がっている。
しかし心の声がなければその前兆にも気づかない
だから心の声をしっかり聴いて、運命を諦めてはならない

 

といったことがこの本で言いたかったことなのかなと、私は思いました。

 

出来事=前兆(元の出来事)がある、ということは
物質を変化させる=何か元の物質がある錬金術と同じではないか…?と考えてみたり。

 

まとめ

普段は読書はあまりしないのですが、たまには読書もいいものですね。
読書の秋ってことで、本を読む習慣もつけようかな。

 

アルケミストの原書はポルトガル語なので、読めないけれど
いつか中国語や英語でも読みたいです。

 

created by Rinker
Nanhai Publishing Company
やはり中国語版は高いな…1920円。
中国最大のネットショップ淘宝なら2~300円で買えそうだけれど…。

 

余談・砂漠

私は2017年に中国に留学したのですが、
作中で出てきた砂漠、という文字を目にしたときに、なぜか、不意にその留学中のことを思い出しました。
中国は内陸部は砂漠に面しているところもあるので、結構身近な存在なのかもしれません。

ものすごく脱線して、もはやアルケミストの感想ではないです。笑

“撒哈拉的故事”

留学中の閲読の授業で、月1で課題図書の読書感想文を書く課題が出ていました。
そこで去年の10月かな、ちょうど1年前くらいに『撒哈拉的故事』(日本語ならサハラの物語?)という本を読みまして、そこでの砂漠の描写が頭に思い浮かびました。

 

 

中国語やっててHSK5~6級持っている人ならそんなに難しい話でもないし、1話1話がとても短い短編集なので読みやすいと思います。

 

日本語訳された本があったけど、アマゾンの中古で8500円くらい笑
絶版になったのかもしれませんね。

 

リスニングの教材

砂漠でオアシスを見つけた時の、ナツメヤシの描写を読んだとき、留学中にリスニングの授業で聞いた、砂漠に生えてる6千年生きている長寿の木のストーリーを思い出しました。

 

けれど中国語で覚えているというより内容は日本語で覚えていたので、中国語を中国語のままで記憶するっていう作業は出来ていないみたいです。

 

ちなみにその話は若造の柳ともう一種類の木の種子が風に飛ばされて、たまたま出会った長寿の木と対話する、みたいな感じでした。
(思ったよりあんまり覚えていなかった…。)

 

内モンゴル

留学中の夏休みに中国に遊びに来てくれた後輩と内モンゴルの砂漠にいきまして。
砂漠ってオアシスしか水がないイメージで、乾燥がひどいのかなと思っていたのですが、意外と砂が水分を含んでいて、しっとり。
 

それから少ししてパラパラと雨が降り出して、あぁ、砂漠にも雨は降るんだと、初の砂漠でいろいろと驚きました。

 

コメント