【バス電車のみ】1日で福井駅から永平寺と福井県恐竜博物館に行くルートを解説【弾丸旅行】

【バス電車のみ】1日で福井駅から永平寺と福井県恐竜博物館に行くルートを解説【弾丸旅行】 旅のtips

こんにちは、おひぐ(@ohigur)です。

冬の北陸に行きたい!ということで、年末年始に3泊4日で東京から福井・金沢に行ってきました。

旅行初日の10時に福井県に着いて19時には福井県を出るという、かなりの弾丸旅行に…
そんな短い時間の中でも、時間と交通手段を工夫すれば永平寺と恐竜博物館の2つに行けます!

今回は福井県の観光名所『永平寺』と『福井県恐竜博物館』を1日で効率的に回る方法を紹介します。

※2022.2.27の情報です。
時刻表の変更の可能性もあるため、必ずご自身でも運行状況の確認をお願いします。

スポンサーリンク

東京から福井へ

東京から福井への移動は新幹線を利用しました。

東京から福井への交通品川駅6:34発→米原駅8:48着(ひかり631号)
米原駅8:57発→福井駅10:00着(しらさぎ1号)

朝ごはんを食べる時間は福井に着いてからでもあるので、福井で食べても、新幹線の中で食べても大丈夫です。

福井でのスケジュール

福井に着いてからは以下のように動きました。

福井でのスケジュール・福井駅10:00着
・永平寺に向かう前に朝ごはん
・電車はえちぜん鉄道の恐竜博物館企画きっぷ勝山市内観光バス乗り放題付き)¥2,130を使用
・昼ごはんは恐竜博物館で食べる(14時ごろ、少し遅め)
—–
①福井→永平寺—所要時間1時間。
特急永平寺ライナー:福井10:50 → 永平寺11:18(¥750)
②永平寺→恐竜博物館
バス:永平寺12:31発 → 永平寺口12:45着(¥430)
電車:12:50発 → 勝山13:19着(¥580) + バス:勝山13:23発 → 恐博13:27着(¥300
③福井県恐竜博物館→福井
バス:恐博17:13発 → 勝山17:26着(¥300) + 電車:勝山17:49発 → 福井18:42着 (¥770

黄色と青で色付いてる部分は、えちぜん鉄道+勝山観光バス+恐竜博物館の入場券がセットになった恐竜博物館企画きっぷ(¥2,130)を使っています。

かかった交通費+恐竜博物館入館料の合計は¥3,310でした。

福井駅から電車で恐竜博物館へ行くなら恐竜博物館企画きっぷ利用でかなりお得になるので、えちぜん鉄道福井駅で購入をおすすめします!
支払いは現金のみでした。

えちぜん鉄道「恐竜博物館企画きっぷ」(外部リンク)

 

それでは、移動の詳細(複数の移動案)を見ていきましょう。

①福井駅→永平寺

永平寺へ向かう方法で便利なのは、下記の2種類。

福井駅→永平寺の移動A)電車:10:55発 → 永平寺口11:20着(¥460) + バス:永平寺口11:25発 → 永平寺11:39着(¥430)
B)特急永平寺ライナー:福井10:50 → 永平寺11:18(¥750)

電車で行くと少し安いですが、今回は観光の時間を優先し福井駅から永平寺へ直通の京福バスの特急永平寺ライナーを使用しました。

出発は10:50なので、駅でおにぎりを買いベンチでさくっと食べました。
ゆっくり座って食べたい方は福井駅に入っているカフェに行くのもおすすめです。

えちぜん鉄道福井駅の窓口に隣接する、京福バスチケット売り場で特急永平寺ライナーのチケットが買えます
バス内での両替は1000円と小銭以外できないので、乗る前にバスチケット売り場で買ってしまうのが楽かもしれません。

チケットセンターでの支払いは現金のみでしたが、バスに乗るときにVisaのタッチ決済も使えるようです。

②永平寺→恐竜博物館

永平寺から恐竜博物館へ移動する方法は3つの時間を考えました。
永平寺を出る時間でA〜Cを選び、その後電車で恐竜博物館の近く(1.勝山 / 2.比島)まで移動し、バスかタクシーで恐竜博物館へ向かいます。

永平寺→恐竜博物館の移動A) バス:永平寺12:31発 → 永平寺口12:45着(¥430)
+
1. 電車:12:50発 → 勝山13:19着(¥580) + バス:勝山13:23発 → 恐博13:27着(¥300
2. 電車:12:50発 → 比島13:16着(¥580) + タクシー:10分くらい(¥700〜)
—–
B) バス:永平寺13:01発 → 永平寺口13:15着(¥430)
+
1. 電車:13:20発 → 勝山13:48着(¥580) + バス:勝山14:00発 → 恐博14:12着(¥300
2. 電車:13:20発 → 比島13:45着(¥580) + タクシー:10分くらい(¥700〜)
—–
C) バス:永平寺13:31発 → 永平寺口13:45着(¥430)
+
1. 電車:13:50発 → 勝山14:19着(¥580) + バス:勝山14:30発 → 恐博14:42着(¥300
2. 電車:13:50発 → 比島14:16着(¥580) + タクシー:10分くらい(¥700〜)

今回はAの一番早い時間で、1の勝山駅からバスを使って移動をしました。

永平寺からバス停までは徒歩数分かかるので、雪が降っている時などは少し早めにバス停に向かいましょう。
バスの本数が少ないので、1本逃すと数十分待ち時間ができてしまいもったいないです。

「えちぜん鉄道永平寺口駅」はバスの降車場所「永平寺口」の目の前です。
乗換時間は短いですが、恐竜博物館企画きっぷがあれば切符を買う手間が省けますよ。

勝山駅からは恐竜博物館へのバスが出ています。

勝山〜恐博バスの時刻表は下記をご確認ください。
恐竜博物館直通バス 時刻表・運賃等 (勝山駅⇔恐竜博物館)(外部リンク)

③福井県恐竜博物館→福井駅

恐竜博物館から福井駅への移動は勝山駅までバスで戻り、それから福井駅まで電車を使います。
タクシーで比島駅に向かう方法もありますが、恐竜博物館企画きっぷがあるなら勝山駅までのバスを使う方がお得です。

恐竜博物館→福井駅の移動
1. バス:恐博16:13発 → 勝山16:26着(¥300) + 電車:勝山16:49発 → 福井17:42着(¥770
2. バス:恐博16:43発 → 勝山16:56着(¥300) + 電車:勝山17:19発 → 福井18:12着 (¥770
3. バス:恐博17:13発 → 勝山17:26着(¥300) + 電車:勝山17:49発 → 福井18:42着 (¥770
※ タクシー使うなら16:50 / 17:20 / 17:50までに比島駅へ

恐竜博物館の閉館時間(冬は17時)まで滞在したので、今回は3の恐竜博物館を17:13発のバスに乗りました。

永平寺

永平寺入り口

永平寺は1244年に開創されたお寺で、曹洞宗の大本山です。
広大な敷地の中に大小70室前後のお堂や楼閣があります。

永平寺 地図

傘松閣(絵天井の間)の天井を飾る230枚もの花鳥色彩画は圧巻です。

福井県 永平寺 傘松閣(絵天井の間)

参拝時間は16時半までなので、早めの時間に行くのをおすすめします。

永平寺公式サイト(外部リンク)

福井県恐竜博物館

福井県恐竜博物館 外観

福井県は恐竜の化石が多数発掘されていることで有名です。
日本最大の福井県恐竜博物館は、世界で見ても三大恐竜博物館の1つに入るほどの大きさ。

福井県恐竜博物館 恐竜の骨格標本展示

カフェレストランもあります。
ラストオーダーは閉館時間の30分前までなので、遅めの時間でも昼ごはんを食べることが可能。

福井県恐竜博物館 カフェレストラン 福井名物のソースカツ丼恐竜にちなんだメニューや、福井名物のソースカツ丼もありました。

恐竜博物館の営業時間は17時まで、夏季は18時まで。
新型コロナウイルスの感染対策で予約制になっているので、来館前に予約(無料)が必要です。

福井県恐竜博物館(外部リンク)

1日あれば「永平寺」と「福井県恐竜博物館」に行くことも可能

スケジュールの組み方次第で、福井の観光名所の2つ『永平寺』と『福井県恐竜博物館』へ同日に行くことができます。

移動時間はタイトになってしまいますが、そのぶん充実した福井旅行になるでしょう。

ぜひ福井旅行の計画の参考にしてみてください。

ではでは。

 

関連記事:
【韓国旅行】車がなくても大丈夫!済州(チェジュ)島の移動はバスとカカオマップで。【交通手段】
【バス電車のみ】1日で青島神社・鵜戸神宮・飫肥城下町を巡るルートはこれだ!【宮崎観光】
都内から江ノ島・鎌倉方面へ の、公共交通機関でのアクセス方法を比較してみた

コメント