スイート・スイート・チリソース

たべもの日記

今日は餃子を作ろう。それもフェンネルを使った中国で食べてハマった、あの懐かしい味の餃子を。
と思って意気揚々とスーパーに買い物に出かけたけど、外はあいにくの雨模様だし、スーパーにはフェンネルはおろかフェンネルシードさえも置いてなかった。

愛すべきカルディ様なら置いてるんだろうけど、フェンネルだけを買いに行くのに電車にゆられて街まで出てもよかったけど、雨はけっこう強いし、夜にバイト入ってるし遠出はしたくない…。
っていう理由もあったし、一番恐れていたのはカルディで散財すること。

カルディっていろんな外国の調味料とか食べものとかが置いてあるから、ついつい余計なものを買ってしまうんだよね~
あそこは無意識に財布の紐が緩む。
だめだ、できるだけ節約して、旅行資金を貯めなければ。

 

で、スーパーを物色していたら、棚にスイートチリソースが。
これ一本あればカオマンガイにかけたり、生春巻きを付けて食べるのもできるし、
留学中にタイの子たちとタイスキを囲んで食べたときも、鍋のタレとしてつけて具を食べたっけ。

 

甘辛いソースが、ちょっとジャンキーな鍋に絡んでおいしかった。
(…タイの子たちが持ってたの、結構辛さがあって、スイートじゃなかったかも。)

とにかくスイートチリソースはけっこう万能。
もともと買うつもりはなかったのに、つい買ってしまった。笑

 

買ったのは李錦記のスイートチリソース。145gだったから一人暮らしでも十分使いきれそうだ。

李錦記、香港に行ったときにスーパーでXO醤を母が買ってたな。
香港はほんの四半世紀前までイギリスの植民地だったから、スーパーにはイギリスのお菓子と中国本土には置いていないような香港特有の調味料ブランドが多くあって、物色するの楽しかった。

 

で、冒頭の餃子の話に戻るけど、フェンネルシードが買えなかったから餃子は諦めて、せっかく買ったスイートチリソースを使って何か作ることにした。

雨の中の外出で、かなり体力を削がれてたのと、もともとのずぼらが相まって、結局鶏肉炒めただけのにスイートチリソースをかけただけっていう、なんともお粗末な夜ご飯になってしまった。。

いつもは鶏肉焼く前に片栗粉とかまぶさないで素焼きしてたんだけど、今回は気が乗ったから片栗粉まぶしてみたのね。そしたら焼いた後も肉が柔らかくて、最初は生焼けかと思った…。
ひと手間ってかけるもんだね~。

今日のご飯は炊くの若干失敗しておこげが多めになってしまった。
(昔給水させてたの忘れてから米を発酵させて以来、炊飯器ではなく鍋で炊くようになったのはここだけの話)

さすがにこれだけじゃ物足りない気がして、納豆にもチリソースかけてみた。

チリソースにニンニクも入ってるからアクセントにはなるんだけど、これだけじゃちょっと物足りないから納豆のタレ+スイートチリソースの組み合わせにするといいかも。

 

スイートチリソースからここまで話が膨らむとは思ってなかった。
ではでは、再见。

コメント