食卓から世界と繋がる

未分類

ふっと鼻をぬけるハーブの香りや、いつまでも舌の上を震わす香辛料。たっぷりの油で炒められて、艶やかに光る食材。長い時間煮込んで具材そのものの味を引き出した、海を越えたどこか知らない場所の、家庭の味。

それらの味が、匂いが、食感が、私をもう一度旅に出たいと突き動かす。

 

けれども現実はそんなに頻繁に遠くに行くこともできなくて、

でも、その欲を満たしたいとただ燻っていても時間だけは過ぎていく。

 

だから私は、自分で”創作(つく)る”ことにした。

 

私は料理に精通しているプロではないし、ちゃんと調味料を計ったり、材料を全て本格的にそろえるのも正直にいうと、面倒。そもそも料理が得意なわけでもない。

 

けれど異国に魅了された私は、毎日行う”食べる”という手段でそれに想いを馳せる。

 

 

そして私は今日も一人暮らしの狭いキッチンから、食卓から、

どこか遠くの世界にトリップするのだ。

 

コメント