ゲストハウスは一人旅に最適だよって話

旅のtips

こんにちは、おひぐ(@ohigur)です。
2日続けて交通手段について書いていたので、今回は私が節約一人旅でよく使う宿、ゲストハウスについて書こうとおもいます~。あと節約したいときのゲストハウス以外の手段も合わせて紹介します!

一人旅デビューしてみたいけどゲストハウスって怖くない?って人、ビジネスホテル飽きたし高いなって人、見てってくださいな。

私がよく使う宿:ゲストハウス

ゲストハウス

普通のビジネスホテルとは違って、共用部分が多い、交流スペースがある宿泊施設です。
いわゆるユースホステルとかバッパー宿って言われるやつとほとんど同じと考えていいでしょう。

 

おすすめポイント①:安い

なんといってもこれですね。国内でも1泊1500~とか。安すぎでしょ…。

海外だと500円以下とかよくある。ワンコインのランチより安くで泊まれるとか最高ですわ…。
そして浮いた分のお金で美味しいご飯たべたり、、、最高かよ~!!!

素泊まりだからアメニティとかは自分で持って行ったり買ったりしなきゃいけないけど、慣れたらいつも持っていくセットみたいなのもできるし、自分のお気に入りが使えるので気にならないです。

おすすめポイント②:一人でも寂しくない

ゲストハウスに泊まる人はたいていバックパッカーとか同じく一人旅してる人が多いです。圧倒的な旅人率。そしてぼっち率。

なので共有スペースでおしゃべりして旅の情報交換したり、仲良くなってそのまま飲みに行ったことも◎

むしろ一人旅の方がおもしろい出会いに乗っかりやすくておすすめなのです。

 

おすすめポイント③:地域と近い感じがする

ゲストハウスは場所によっては一軒家や古民家を改装したりしていたりと、ビジネスホテルと違って建物に温かみがあるというか、本当にその地域に住んでいるような気になれます

また最近では1階がカフェになっていたり、居酒屋になっているゲストハウスも増えていて、そういうところだと旅人だけじゃなくて地元の人も利用しています。そこで地元民のおすすめの場所を教えてもらったり。地域と近くなれます!

 

おすすめポイント④:個室もある

私はドミトリーでも構いませんが、探せば個室があるところもあります。

だから全然初めてでも怖くないよ!

 

 

デメリット

・ドミトリーだとプライベートがない、いつも近くに人がいる感覚。気が休まらないことも多いです。

・夜遅く来て朝早く出ていく旅人も…。常に物音があります。そういうの気になる時は個室選ぶしかないですね。

・水回りが共用なので、使いたいときに誰かが使ってて不便、ということも。

 

よく使う予約サイト

booking.com

agoda

Airbnb

Expedia

私はこの4つである程度宿を絞って、最安値で予約します。
Airbnbは民泊だけじゃなくてゲストハウスもそこそこ載ってます。
たまに公式サイトから予約するのが一番安いこともあるので、公式サイトもちゃんと見ましょう!

 

一人旅でも予定決めてちゃんと予約することが多いから、現地でふらっと良い感じのゲストハウスに泊まるって経験はいつかやってみたいことの一つ。

 

余談①あんまりおすすめはしないけど…

ネカフェ

夜遅くに着いたけど次の日も早い、けどシャワーは浴びたいというときはネカフェという選択肢もあります。けどあんまし使わないかな。

 

メリット①:漫画が読み放題、ネットが使い放題

誘惑すぎて確実に寝不足になります。

 

メリット②:2000円以内に収まる

ナイトパック6時間とかお得なパック料金ありますもんね。

 

デメリット:臭い

なんだろうあの独特の匂い…。禁煙のところでも不思議な匂いがつくから、ネカフェはあくまでも最終手段。

 

余談②宿じゃないけど…

・よくやるのは移動で寝る、車中泊
前日入りではなくて、前の日の夜から移動することで1泊分ホテル代を浮かせてます。

デメリットは体力的にしんどい。

・あと空港泊も荷物抱きかかえて寝れば、なんとかなります。

 

まとめ

貧乏節約一人旅にはゲストハウスがぴったりです。
今は安くてきれいなところも多いですからね。

Have a nice trip~✈

コメント