朝が破滅的に苦手な女が、仕事前にカフェで朝活をやってみて気づいたこと

おひぐのログ

こんにちは、おひぐ(@ohigur)です。
いきなりですが、私、先週から朝活を始めました

そして続けていたら1週間経ったので、実際に朝活をしてみて気づいたことを書いてみようと思います。

前置きが長いので、メリットとデメリットだけをサクッと知りたい人は、目次からショートカットして飛んでください。笑

その女、朝が弱すぎた。

朝活のメリットデメリットなどに入る前に、軽く私の朝弱い自慢エピソードについて触れます。

遅刻と戦う日々

実は私は朝が苦手で、学生時代から遅刻魔の称号(不名誉…笑)を我が物顔で振りかざし、家の前を通る、それに乗らないと遅刻確定の最終のスクールバスとバス停まで並走し先生と毎朝バトルを繰り広げていました。

大学では1限の10分前に起き(一人暮らしで大学の隣に住んでいた)、始業のチャイムと共に後ろのドアから滑り込む日々。ついにはテストの日になんと寝坊し、単位を落とし…という失態を繰り返していました。

そんな女が社会人になって、朝起きるのが改善するかといえばそんなこともなく、研修では毎朝ギリギリのラインを攻め、「この時間の電車に乗れば勝てる…!」と毎日時間と戦っていました。

そして、研修当時スマホのアラームで起きていたのですが、寝落ちしてしまって充電を忘れ、電池切れのスマホからはアラームがならず、遅刻…。
(流石にその日の帰りは目覚まし時計を買って帰りました。)

それでもなおギリギリの時間に研修先に向かう、そんな女でした。

全然誇れないですね…。

そんな朝ゲキよわ女が朝活を始めようと思ったきっかけ

満員電車が苦痛だった

そんな女も研修が終わり配属され、職場が研修先より遠くなり、家を出る時間と朝の通勤の路線が変わってしまいました。

ドアtoドアで50分の通勤時間なので、最初の日は8時前に家を出て、電車に乗ると満員電車…これを30分続けただけで、もう自分の汗と人の汗が混じり合って、不協和音も甚だしいくらいの気持ち悪さ。

夜に自分の時間が全く取れない

そして慣れない業務をこなして、帰りも満員電車でヘトヘトになりながら帰宅。

帰り着くのは19時台でも、そこからダラダラご飯を食べてお風呂入って弁当作ったり洗濯物回したりの家事したら23時を回っている…

それから勉強や作業をする気力と体力…?むしろマイナスだわ。

そして朝活を決意

こんなの毎日続けるなんて無理…
ここ半月くらい仕事・家事・寝るしかしてないじゃん…

と早くも心が折れたので、

それなら早く起きて空いてる電車で通勤を楽にしたい!
そしてどうせ早く行くならカフェとかで作業しよう!

と思ったのが朝活を始めたきっかけでした。

普段の出社までのスケジュール

起きる時間に幅があるのですが、朝活の時間は1時間半〜少なくとも1時間は取れるようにしています。
基本は5:45起きを目標に、最近はちょっとダレてきて6:10くらいが多いです。

朝のスケジュール5:45〜6:20の間:起きる
6:10〜6:40の間:家を出る
6:20〜6:50の間:駅につく
(電車、路線で所要時間違うのでだいたい25〜30分)
7:00〜7:30の間:カフェに着く
8:40:カフェを出て職場に向かう
8:50:タイムカード打刻

朝の流れはこのような感じです。

夜寝る時間

早い時だと22時には眠くなるのでそのくらいに寝てるのですが、

普段は23時〜23時30分くらいです。

なので7時間前後の睡眠時間は確保しています。

 

朝活でやっていること

最初は、朝活って何やればいいの!?と私もなっていましたが、気負わずやりたいことを適当にやればいいのです。

私が主にやっていることは

私がやっていること・ブログ
・中国語の勉強
・溜まっているSNSの返信

と大したことはやってないのですが、ちょっとでも時間をかけて集中してやりたいことを、その時の気分でやっています。

実際やってみて気づいたメリット

私が朝活をやってから実感したのは主に以下の5つです。

メリット

    1. 朝の準備の時短
    2. 通勤が快適
    3. 朝の一番疲れていない時間を自分のために使える
    4. 心理的な余裕ができる
    5. 夜の時間の使い方を考えるようになった
    6. 集中して作業ができる

①朝の準備の時短

私は朝活を職場近くのカフェでやっているので、必然的に朝ごはんをカフェで食べることになります。
なので着替えて顔洗ったらすぐ家を出ることができるのです。

さらに、朝ごはんをカフェで食べるということは

気にしなくていいこと・朝ごはんの準備
・出発時間を気にしながらの食事
・洗い物の手間

この3つを削減することができるのです。

②通勤が快適

そもそも通勤電車が混んでいないので、たまに座れたりします
電車で人と人の感覚を取れるってあたりまえであって欲しいのに、通勤だとそうもいかないですよね。(特に都市部。)

ドアtoドア50分で9時の出勤だとしたら、8時には家を出なくてはいけないです。
その時間って人も多く今の時期だととても暑いので、満員電車で通勤するだけでその日の気力70%くらい持っていかれます

(朝の品川なんて、改札出るのも一苦労。奥の方までずっと人、人、人…。)

それから8時間仕事夕方の帰宅もラッシュ
そんな日々だと家に帰っても勉強や作業できる気力体力なんて、ほぼゼロ…。

それでも朝6時台に電車に乗れば、この『適度な感覚』がちゃんと取れるので、ほんとうに夏でも暑くなくて楽。

(運が良いときは普段激混みの山手線でも、新宿から座れました。)

そして、駅に付いても人が少なくてとっても快適!

(朝7時すぎの品川です。)

③朝の一番疲れていない時間を自分のために使える

巷でよく言われる、朝の一番疲れていない時間を自分のために使えるというのも朝活の大きなメリットだと感じます。

②の通勤が快適という話にも繋がるのですが、通常の通勤と比べて本当に朝の疲れが違うのです。

しかし朝活をするために家を出ると、太陽は出ていても昇った直後なのでそんなに暑くないのです。
で、通勤も快適だから、勤務地近くに着いても全く疲れていない。
そして朝活を1時間半ほどして、仕事へ。
仕事前のクリアな頭を自分のためだけに使えるのって最高に贅沢ではありませんこと?(唐突の貴族風)

朝が早いので昼には集中力切れちゃうのですが、昼休み1時間中半分の30分を昼寝に当てているので、午後にまたリフレッシュして仕事ができるのです。

帰りは流石に疲れてしまいますが、家に帰って回復するので特に気にしてないです。

④心理的な余裕ができる

①で触れたように朝の準備に時間がかからないので、とりあえず朝起きて電車乗れれば勝ちみたいなところがあります。

寝坊したとしても、普段5:45に起きて6:10に家を出ている身からすれば、ちょっと寝過ごして7:00に起きても、通勤ラッシュがちょっときつくなるだけで間に合わない訳ではないので、社会人的には痛くはないです。(朝活の時間を確保できなくなるので自分の心は痛む…。)

先週からは遅くとも職場近くに7:30には着いているので、電車遅れたらどうしようなんて心配も一切してないです。

余裕を持って勤務先にいることで、何分にカフェ出れば会社に何分に着く、と逆算ができるので、焦らず時間を目一杯使えて優雅に出社できます

家で朝ごはん食べてちょっと作業して…という朝活はカフェ代はかからない。
ですが、この時間に出ても電車が遅れるかもしれないというそわそわ感を抱えながら仕事をしなければいけないので、もういっそのことカフェ代払ってでも職場近くで作業した方が集中はできます

また、帰って何もする気力が起きなくても、「朝にちょっと作業したし、自分偉い!」と自己肯定感も上がります

⑤夜の時間の使い方を考えるようになった

こちらも意外なメリットだったのですが、朝を早く起きるためにその前日の夜の時間の使い方から考えるようになりました。

今までは上に書いてきたように、帰ってご飯食べて、ついダラダラしちゃって結局日付変わりそうになって何もできませんでした。

しかし朝活を始めてから、以下のように考えることができるように。

夜時間の使い方を考えるプロセスまず、6時前に起きるには
→前日の夜23時には寝なければならない
→そのために22時半には明日の用意まで全て終わらせておきたい
→19時に家に帰り着くから、そこからノンストップで動くために、まず風呂入ってご飯食べる
20時半にはフリーな時間に突入できる

というようにダラダラする時間も確保しつつ、ちゃんとやるべきことはこなすことができるようになりました。

しかも、やるべきこと終わってるから後は寝るだけ!という開放感もあって、何もしていなかった時に比べて『何かしよう!』という気持ちも湧いてきました。

今は、夜ダラダラしながらブログ書いたりもしています。

⑥集中して作業ができる

勉強するのに適度にざわついている環境だと集中しやすいってよく言いますよね。
人によるかもしれないですが、朝のカフェ、私はかなり集中できました

カフェ代もかかっているので、この時間を無駄にしないようにしよう!と無意識に思うので、それが集中力に繋がるのでしょうか…?

デメリット

続いてはデメリット。
私は朝活肯定派なので正直あまり出てきませんでしたが、絞り出すと2つありました。

カフェ代がかかる

朝からご飯を食べる人は、朝活を始めるとカフェの朝ごはん(400円)×月20日朝活=1ヶ月8000円かかります。

家で自分で作って食べるとしたら(例としてハムエッグとパン、コーヒー)、20日分卵10個入り(200円)×2+食パン5枚切(100円)×4+ハム(300円?)+コーヒー(ドリップ20杯分、500円?)=約1600円

家で食べるのと比べたら5倍くらいの費用、、
年間に換算すると9万6000円…。
海外旅行2〜3回くらい行けますね、この金額だと。

特段朝からご飯食べない人でも、コーヒー1杯2〜300円だとしたら
月20日の朝活で4〜6000円はかかります

寒い時期は辛い

これはデメリットというより危惧なのですが、冬になったら寒さで続けるのが億劫になるかもです。

特に朝活の時間を確保するために家を出るとなると、まだ外は真っ暗な中通勤しなければなりません。

しっかり防寒して朝活に挑みましょう。

おわり

自分の時間が欲しくて始めた朝活でしたが、実際にやってみると得られるものはそれだけではありませんでした。

結果的に、朝起きれないのも改善。
(そもそも寝る時間が遅かったら朝も起きれないよな、と)

私も始めるまではコスパ的に月に8000円くらいかけてまで朝活って必要かな?とか考えていたのですが、実際にやってみると朝活は私にとっては有用でした。お金かけてでも続けたい。

今朝活を始めようか迷っている人は、一度やってみて、得られるメリット分を考えて高いか安いかで、お金かけてでも続ける価値あると思ったら続けて見たらいいと思います。

コメント

  1. […] 関連記事:朝が破滅的に苦手な女が、仕事前にカフェで朝活をやってみて気づいたこと […]